dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > LINKとLINKPointの違いとは?LINE仮想通貨の換金方法や使い方
LINKとLINKPointの違いとは?LINE仮想通貨の換金方法や使い方

LINKとLINKPointの違いとは?LINE仮想通貨の換金方法や使い方

LINEの発行する仮想通貨であるLINKとLINKポイントについて紹介を行っています。対応地域やDapps、換金方法などの違いが出てきます。

LINE Token Economyで活用

LINE 仮想通貨 Dapps LINK LINKポイント 違い

LINKとLINKポイントはどちらもLINEが発行している仮想通貨です。

これら2つの通貨はLINEの提唱するLINE Token Economyで活用されます。簡単に言えばLINEの提供するプラットフォーム内で、この通貨を稼ぐことができ、また使用も出来るといったイメージを持ってもらえればと思います。

LINEは独自のブロックチェーンを作成し、様々なDappsを制作しており、それらの中でこれらのトークンが活用されてくるというわけです。

ただトークンを2つにわける理由は?と考える人も多いでしょう。

そこでここではLIMKとLINKポイントの違いについて紹介していきます。

大きな違いは対応地域

まず大きな違いと言えばこれらの通貨の使用できる地域が違うことが上げられます。

厳密には、両方の仮想通貨を同時に稼ぐことが可能かもしれませんが、使い方や換金方法に差が出る可能性があり、実用性が問われてきます。

  • LINK(日米以外の地域)
  • LINKポイント(日本向け)

この2点で大きな差が生まれるので、こちらを紹介していきます。

LINK

LINE 仮想通貨 Dapps LINK LINKポイント 違い

LINKは海外向け(日米以外)に作成された仮想通貨と言っていいでしょう。

このLINKについてはLINEが設立している仮想通貨取引所であるBITBOXで取引を行う事ができます。つまりは仮想通貨同士のトレードが可能と言うわけです。

このBITBOXは現在法的な関係で、日本また米国では登録を行う事ができないため、どうにかしてこのLINKをこれらの在住者が獲得しても利用範囲は狭くなります。

LINKは日本・米国以外の地域向けの仮想通貨と思ってください。

また使い方については、今後LTP(LINE Teck Plus株式会社)が作成するDappsや、その技術を使ったデベロッパーが作成したDappsなどで使用することができます。

対象地域が違うことで、同じプラットフォームを使用するDappsで利用できるという点は変わりませんが、内容は一変することでしょう。

後述しますが、現にLINKポイントが獲得できるDappsは存在しますが、LINKについてはまだ取引所内での売買しか入手する方法はありません。

LINKポイント

LINE 仮想通貨 Dapps LINK LINKポイント 違い

一方、LINKポイントは日本向けの仮想通貨と言えます。

こちらはBITBOXでも取り扱いがないため、現状換金方法はありません。

プラットフォーム内で獲得し、またそれらのプラットフォーム内で活用するといった形が一般的な流れになると思います。

LINKポイントを貯め、プラットフォーム内で活用できるLINEポイントに変換することでLINE Payでの決済やLINEサービスでの購入・決済時など様々なサービスをに活用する事が可能です。

すでに4CASTやWizballでこのLINKポイントは獲得可能です。さらには3つのDappsが発表されているので、こちらでもLINKポイントを獲得することができるでしょう。

すでに多くのユーザーもこれらのサービスを利用しており、手軽に手に入れることが可能なので興味のある方はサービスに登録をしておくといいでしょう。

2つの通貨は全く別物になる

先ほども簡単に説明した通り、使用されるDappsや取引所での扱いの有無などからLINKとLINKポイントは全く別物の通貨になり得ます。

特にLINEが提供する技術を多くのデベロッパーが活用し、それぞれに対応するDappsを作ることで多種多様なサービスが生まれることでしょう。

大きな違いとしては、最初にも上げたように海外向けの通貨か日本国内向けの仮想通貨であるかという認識さえあれば大丈夫です。

ぜひこちらを覚えておいてLINEの提供するDappsで色々遊んでみるといいと思います。

まとめ

まとめ

LINEが発行する仮想通貨であるLINKとLINKポイントについて紹介してきました。

対象とする地域の違い、利用されるDappsの違い、換金方法の有無などが大きな違いと言うことがお分かりいただけたと思います。

LINEの提供するDappsについては、今後どんどん多くなっていくことが予想されます。既にいくつかのサービスが提供されていますが、これらのユーザー もかなり多く存在するので、今後の進捗にも期待しておきましょう。

2つの仮想通貨についての違いの説明は以上で終了ですが、途中で紹介した4CASTやWizballの使い方についても解説しているので、興味のある方は合わせて参照ください。

LINEのDapps記事一覧
LINKChain概要と特徴まとめ
4CAST始め方と使い方
Wizball始め方と使い方

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players