dApps Market > other > IMXとは?|Immutable Xのトークンの仕組みと獲得方法を解説
IMXとは?|Immutable Xのトークンの仕組みと獲得方法を解説

IMXとは?|Immutable Xのトークンの仕組みと獲得方法を解説

Immutable Xの独自トークンであるIMXの解説です。トークンの仕組みや使い方・入手方法を詳細に説明しているのでご確認ください。

Immutable Xとは?

Immutable X

「Immutable X」はイーサリアムのL2プロジェクト。

これまでイーサリアムで問題になっていたガス代を排除し、トランザクションも高速処理とこれからのNFT関連で必須のチェーンになることを目指しています。

こちらは「Gods Unchained」を運営するimmutable社によって開発。

既にNFTマーケットがリリースされており、Gods Unchainedやその他ゲームのアセットも活発に売買されているので注目です。

また今回はそのImmutable Xの独自トークン「IMX」が発表されました。

今回はこのトークンの仕組みと獲得方法について解説します。

マーケットや専用ウォレットの使い方は下記で紹介しているのでご参考ください。

Check:Immutable X|ウォレットとNFTマーケットの使い方

Immutable X公式

IMXトークンについて

IMXトークン
IMXトークン概要
ティッカー(略称)IMX
最大供給量20,000,000IMX
使用用途取引手数料
ステーキング
ガバナンス

IMXはImmutable Xの独自トークンです。

ティッカーはIMXで、最大供給量20,000,000IMX。

主な役割として、以下の3つが考えられています。

  • 取引手数料
  • ステーキング
  • ガバナンス

こちらもそれぞれ解説していきます。

取引手数料

マーケットプレイス

まず1つ目が取引手数料です。

すでにオープンしているNFTマーケットではETHでアセットの取引が可能。

ただ今後はこの取引にかかる手数料の20%がIMXで支払われる予定となっており、トークンを保有していない方は自動でETHとIMXが交換されます。

取引が活発になることで、このトークンの需要も上がってくるというわけです。

ステーキング

ステーキング概要

IMXはステーキングも可能です。

仕組みとしては、取引手数料として徴収されたIMXはステーキングリワードプールに送られ、貯まった分がステイカーに分配されるようになっています。

取引量が増えれば、ステーキングする人に大きなメリットとなるでしょう。

そうなるとステーキング目的のユーザーも、このIMXを多く保有していた方がステーク効率も上がるのでIMXの需要は増えると見込まれています。

ガバナンス

3つ目はガバナンス投票です。

ガバナンス投票とは運営が今後の方針や重要な意思決定を行うときに、IMXの保有者がユーザー投票によって提案の可否に投票できるというもの。

例えばトークンの分配率変更や取引手数料の削減などが考えられます。

こういった運営の重要な決め事もユーザーの投票によって管理できるようになるはずなので、より密接に運営に参加することが可能です。

IMXはその投票権の役割を果たすと思ってもらうといいでしょう。

トークンの割り当て

トークン割り当てのグラフ

トークン割り当て

  • Ecosystem Development(51.74%)
  • ユーザー報酬や開発者の助成金、流動性供給、マーケティングなどで活用。
  • Project Development(25%)
  • 運営・開発者の資金でプロトコルの開発に活用
  • Private Sale
  • Immutable Xの支援者や投資期間に分配される予定
  • Public Sale
  • 今後行われるトークンセールで販売
  • Foundation Reserve
  • 開発者のイニシアチブや取引所への流動性供給などに活用

IMXの獲得方法

IMXの獲得方法はいくつかあります。

  • ポイントによる獲得
  • ステーキング
  • キャンペーンでの獲得
  • トークンセールでの購入

こちらも重要な項目なのでチェックしておきましょう。

ポイントでのIMXトークン獲得

トークン獲得イメージ

Immutable Xにはポイント制によるトークン報酬があるようです。

こちらはNFTのトレードなどImmutable Xにとって有益なアクションを行った場合にポイントを獲得でき、IMXの報酬プールから毎日ポイントに応じた報酬が配られます。

ポイントを獲得すれば多くのトークンが獲得できるので覚えておきましょう。

※獲得したトークンは6ヵ月のロック期間があるようなので注意

ポイント獲得の対象行動

  • NFTのトレード
  • 資産の預け入れ
  • NFTのMINT(発行)

ステーキング

先ほども紹介しましたが、IMXはステーキングが可能です。

ステーキングを行うことで手数料として徴収されたトークンの一部がステーク報酬として分配される設計なのでこちらも注目しておきましょう。

多くのトークンを使ってステークしたほうが多くのトークンを獲得できるようになるはずなので、ステーキングを行う場合は意識してみて下さい。

キャンペーンで獲得

キャンペーンバナー

IMX発行時には、最大600,000IMXが配布されるキャンペーンを開催。

  • Gods Unchainedのプレイ状況
  • カード(GodsのNFT)の所有者

まずは上記の条件で分配が行われるようです。

詳細な条件:Retrospective Rewards

1.Alpha Rewards終了前に「Gods Unchained」のマルチプレイヤーゲーム(Direct ChallengeまたはRanked)を1回以上プレイする。

2.「Alpha Rewards」終了前に、自分のウォレットを「Gods Unchained」アカウントに接続しImmutable Xにリンクする。

3.2021年7月22日午前12時(UTC)までに「Immutable X」のウォレットで「Gods Unchained NFT」を保有する。

※配布量100,000IMX

詳細な条件:Alpha Rewards

1.「Gods Unchained」のマルチプレイヤーゲーム(Direct ChallengeまたはRanked)を1回以上プレイする。

2.ウォレットを「Gods Unchained」アカウントに接続し「Immutable X」にリンクする。

3.「Immutable X」のウォレットで「Gods Unchained NFT」を保有する。

※こちらはRetrospective Rewardsの対象者もOK。総配布量は400,000IMX。

カードの保有量や保有しているカードのレアリティでポイントが換算され、最終的な保有ポイントで配布量が決定します。

ただこちらは現状多少問題も。

アメリカの法規制でアメリカ居住者だけIMXのエアドロップを停止(代わりにETH配布予定)するということも出てきているのでしばらく時間がかかるかも。

この点も考慮して対象者は楽しみに待っておきましょう。

トークンセールでの購入

最後はトークンセールでの購入です。

こちらはCoinlistで初のIMXのリリースが行われるとのことなので、興味のある方は9/8(日本時間で9/9)に行われるトークンセールに参加してみて下さい。

恐らくですが供給よりも多くの参加者がいると思われます。

その場合は事前に抽選が行われる方式(抽選で並ぶ方式)となっているので、自身の順番を確認してトークンの購入を行っていってください。

Coinlist

まとめ

まとめ

Immutable Xの独自トークンであるIMXの解説でした。

Gods Unchainedをはじめ、Guild of Guardiansやilluviumといった期待のタイトルがこのImmutable Xを活用するのでIMXの需要も高くなりそうです。

色々な方法で獲得できそうなのでこちらも期待ですね。

IMXはImmutable Xのウォレットで活用も行われるはずなので、まだ利用したことのない方は、下記の記事を参考にぜひ利用してみて下さい。

Check:Immutable X|ウォレットとNFTマーケットの使い方

Immutable X公式

暗号資産(仮想通貨)のお得情報!
キャンペーンまとめ取引所キャンペーン
無料でビットコインBTCが貰えるサービス
無料でETHを獲得ETHが貰えるサービス
0円で始める投資術無料で暗号資産を入手
即日買える取引所購入まで一番早い取引所
暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング
初めて購入する方向け初心者向け取引所
ユーザー評価◎人気の海外取引所
日本一の情報量各取引所を徹底比較
購入・稼ぐ・取扱い目的別No.1取引所
アプリで取引アプリのある取引所

記事一覧