dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > ステーブルコインGJY(GMO Japanese Yen)とは?概要と特徴を解説
ステーブルコインGJY(GMO Japanese Yen)とは?概要と特徴を解説

ステーブルコインGJY(GMO Japanese Yen)とは?概要と特徴を解説

注目を集めるステーブルコインであるGJY(GMO Japanese Yen)についてまとめました。円を担保とするペッグ通貨としてかなり優秀です。

GMO Japanese Yen(GJY)とは

GMO GJY GMO Japanese Yen 

日本円と連動するステーブルコイン(ペッグ通貨)のことです。

こちらは取引所やマイニング事業を提供しているGMOグループが発行するものとなります。1円=1GJYと言うような連動の仕方をしているのが特徴です。

ステーブルコインと言えば、テザー社が発行するTetherやDaiなどが有名ですが、GJYはこれらの日本円版と思ってもらえればいいでしょう。

ここではこの日本円に連動した仮想通貨であるGJYについて、誕生した背景や特徴について紹介を行っていきたいと思います。

GJY誕生の背景

まずこのGJYが誕生した背景についてです。

先ほども軽く触れましたが、この仮想通貨を発行するGMOインターネットグループは、すでに取引所やマイニング工場の運営を行っています。

GMOからすると仮想通貨の事業ジャンルは大きく分け3つあるとのこと。

  • 交換業
  • マイニング
  • 決済

この3つと考えられていますが、これらを全て行う事にしたため、決済の要になり得るステーブルコインの発行に至ったのでしょう。

CoinPostさんの独占インタビューでも、GMOの熊谷正寿社長が「仮想通貨を通貨にするための最大の障壁は、テクノロジーの問題よりも、価格変動の問題」と発言しており、安定した仮想通貨の必要性を示唆していました。

通貨の歴史は貝から始まり、現在ではクレジットカードにまで進化しています。今後はこれがスマホの中になることも必然であり、ステーブルコインがあれば、瞬く間にスマホが決済ネットワークに変わるとも発言されています。

そのため、GMOでは日本円に連動するGJYの発行に踏み切ったのでしょう。

特徴は

GJYの特徴を簡単に紹介します。

  • 日本円との安定したレート
  • 仮想通貨のメリットが付与
  • 信頼性が高い

この3つが大きく上げられます。それぞれの特徴について内容を見ていきましょう。

日本円との安定したレート

GJYは日本円と連動している通貨となります。

先ほども説明しましたが1円=1GJYの価値となる設計となっており、仮想通貨のようなボラティリティの高いものにはなりません。

投機対象としては魅力に欠けますが、安定した通貨であるからこそ決済についても強く、安定して利用することができるようになるでしょう。

日本円が担保となっている仮想通貨と言うことで、送金面や決済面においての特徴がそのままいい形で反映されるというわけです。投機的と言うよりは実用的な通貨と言うことが、特徴の1つとしてあげられます。

仮想通貨のメリットが付与

上記でも触れていますが、GJYは円に連動しているとは言えど仮想通貨になるということは変わりません。つまり仮想通貨の実用的な特徴がそのまま引き継がれます。

送金手数料の低さや速さ、また決済がスムーズに行える点など様々なメリットがあるので、しっかりと活用できる日本円の価値を持つ通貨と言うことになります。

もちろん仮想通貨にすることで、ボーダレスな取引も可能です。世界各国に行くときに法定通貨のままでは、両替等を行わないといけませんが、仮想通貨であれば、そのまま現地でも活用できる可能性があるのも特徴と言えます。

信用性が高い

日本円を担保にするので、発行元はそれ相応の資産を保有しておかなければなりません。そういった意味でもGMOグループであればかなり信用性は高いと言えます。

証券業やFX業、仮想通貨の取引所さらには銀行と、様々な分野の事業を行っているGMOなので、1会社が発行する通貨とは比較にならない信用性があると言えます。

発行開始は2019年を予定

現在はまだこのステーブルコインであるGJYの発行は行われていません。

発行開始は2019年からとなっており、GMOインターネットグループのグローバル・ブランドである「Z.com」を通してアジア地域へ向け発行されると発表されています。

まとめ

まとめ

GMOが提供を予定しているGJY(GMO Japanese Yen)についてまとめました。

ここ最近でもステーブルコインが注目を集めていますが、信用力と言う意味で言えば、世界的にもかなり有力な通貨になる可能性があります。

もちろん通貨を作り上げる技術力も、様々な事業を行っているのであることでしょう。発行は2019年となっているので、こちらにもどのような注目が集まるか楽しみです。

GJYについての解説は以上で終了となりますが、現在使われているステーブルコインの中でもDappsではDai(ドルペッグ通貨)がよく使用されています。

Daiの概要や特徴」もまとめているので、興味のある方は合せてご覧ください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players