dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > 「FINNEY」とは?世界初ブロックチェーンスマホの機能と特徴の解説
「FINNEY」とは?世界初ブロックチェーンスマホの機能と特徴の解説

「FINNEY」とは?世界初ブロックチェーンスマホの機能と特徴の解説

世界初のブロックチェーンスマホであるFINNEY(フィンニー)について紹介しています。ウォレット機能やDapps対応など仮想通貨に特化したスマホです。

世界初のブロックチェーンスマホ

FINNEYとは世界で初めてブロックチェーンに特化したスマホです。

こちらはSirin Labsが提供しており、コールドウォレットやDappsブラウザ、取引所機能など仮想通貨に関連した様々な機能が搭載される予定となっています。

現在このFINNEYはプレオーダーを受け付けており、価格は約11万円となっていますが、どれくらいの販売数があるのか注目をされています。

ここではこのFINNEYの機能と特徴について、どのようなものがあるのを紹介していきたいと思います。色々見てみましたが、かなり特化しているスマホとなりそうです。

FINNEYの機能

まずはこのFINNEYの機能について見ていきましょう。

基本的なスマホの機能はもちろんのこと仮想通貨に特化した機能がかなりあります。

  • コールドウォレット内蔵
  • OSやハードウェアのセキュリティ
  • Dapps
  • P2Pリソース共有

ではそれぞれ解説していきます。

コールドウォレット内蔵

まずはコールドウォレットの内蔵です。

こちらはBTCを始めとし、ETH、LTC、XRPやERC20トークンにも対応しているウォレットとなります。またコールドウォレットなのでオンチェーンから切り離した仮想通貨の管理が可能となり、安全に資産を保管しておくことが可能です。

様々なニュースを見ていると分かると思いますが、取引所に仮想通貨を預けっぱなしでは非常に危険と言えます。そのため手元で資産を管理できるのは大切なことです。

多くの通貨に対応しているので、色々ウォレットをダウンロードしなくても手軽に仮想通貨の保管ができるようになっていると言えるでしょう。

OSやハードウェアのセキュリティ

セキュリティが非常に高いものとなっています。

このFINNEYを開発したSirin Labsは、2016年にも超強力なセキュリティを備えたスマホを販売した企業です。当時約166万円の価格設定であったのも話題となりました。

ただ今回は、このセキュリティノウハウに加え、さらに様々な企業と提携を行い、さらに強固なシステムを開発しているようなので、非常に安全性が高いことが分かります。

Sirin Labsは、セキュリティ問題こそ仮想通貨普及への足かせになっていると話していたので、このように強固なものを完成させたのでしょう。

Dapps

こちらはDappsのブラウザ機能のことです。

すでにプレインストールも行われているようですね。

搭載されるコールドウォレットもERC20対応となるため、非常にスムーズにDappsをこのスマホで楽しむことができると思います。そうなると正式な発表はありませんが、ERC721などDappsに特化したトークンも取り扱いになる可能性は高いです。

既存のコールドウォレットなどでは、いちいちPCなどに接続しDappsを活用できるようになるため、この手間が非常に面倒と言えます。

しかしFINNEYであれば、スマホ内にウォレットが搭載されているため、コールドウォレットと言えどもスムーズにDappsの活用ができるようになるでしょう。

またDappsブラウザの活用だけでなく、マルチブロックチェーンのDappストアも搭載される予定となっているので、こちらにも注目が集まります。

P2Pリソース共有

これも非常に便利な機能となるでしょう。

FINNEYでは、CPU(計算処理能力)やネットワーク接続、ストレージの共有ができるほか、バッテリーの共有も可能となります。

もちろん通常のテータ共有などもできるようになっているので、非常に便利なスマホとなりそうですね。様々なデータやバッテリーなども共有できることで、このFINNEYの利便性が高いことが証明されると爆発的にユーザーが増える可能性もあります。

ぜひこの点にも期待しておきたいですね。

その他の機能

またFINNEYの仮想通貨に特化した機能は説明したものだけではありません。

特に注目したいのはトークンの交換機能です。簡単に言えばスマホの中にDEXのようなものが存在するイメージです。既にSirin LabsはDEXで有名なバンコールなどともパートナーシップを結んでいるため、この点にも期待が高まります。

このスマホを使えば、様々なトークンが簡単に入手できるようになっているとのことです。これも取引所開設などの手間が省けるので非常に便利と言えます。

特徴は

先程お伝えした機能面でも、かなりの特徴が伝わったかと思いますが、こちらはさらに他の内容を踏まえた特徴を解説していきます。

  • 多要素認証
  • SIMフリー対応
  • 著名人がアンバサダー

こちらもそれぞれ解説をしていきます。

多要素認証

やはりセキュリティーがかなり堅牢です。

行動ベース不正侵入防御システム(IPS)の実装や、音声、テキスト、電子メールなども指紋認証やロックパターンなど様々な方法で管理されています。

先程も紹介したように、世界最高峰のセキュリティシステムを搭載したスマホとなっているため、こちらは非常に安全性が高いものと言えるでしょう。

SIMフリー対応

もちろん日本で使用できるかどうかも重要な問題になります。

その点は安心できそうです。FINNEYは日本語対応+SIMフリーとなっているので、どの通信会社の契約でも使用できるようになっています。

また日本だけでなく世界各国でこのスマホは販売される予定であるため、多くの方が利用できるものとなるでしょう。こちらも期待ができますね。

すでにAmazonなどでも取り扱いは決まっているようです。

著名人がアンバサダー

FINNEYのアンバサダーの1人は、あのサッカー界で有名なメッシ選手です。

すでにFINNEYのCMなどもメッシを起用して作成されており、一気に知名度も獲得できるものとなるのではないでしょうか。仮想通貨業界を見てもこれだけの著名人をCMに起用しているというのも珍しいですよね。

メッシの他にも、ミドル級ボクサーのゴロフキン選手などスポーツ界を中心にかなり豪華な著名人が集まっていることが分かります。

このマーケティング戦略にも仮想通貨の普及と言う意味で期待したいポイントとなっています。こちらも注目して見ておきたいプロジェクトとなりそうです。

まとめ

まとめ

世界初のブロックチェーンスマートフォンであるFINNEYについて紹介しました。

かなり仮想通貨に特化したスマホと言うことがお分かりいただけたと思います。もちろんセキュリティ面もかなり強固なものとなっていますし、トークン交換機能や、Dappsブラウザやストアなど、非常に楽しみなものとなっていますね。

こちらの正式販売は2018年11月の後半を予定しているので、ぜひこちらのプロジェクトにも注目しておきましょう。仮想通貨の普及など色々と期待できそうです。

FINNEYについての紹介は以上で終了となりますが、既存のスマホでコールドウォレットを使用したいという方には、MEWconnectがオススメです。

マイイーサウォレットのスマホ版となり、保管専門のウォレットなので、非常に安心して使用ができます。こちらの使い方が登録方法については、「MEWconnectの登録方法と使い方」に記載しているので、こちらも合せてご確認ください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players