dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > Ethlessとは?ゲーム手数料が無料になるDapps構築プラットフォーム
Ethlessとは?ゲーム手数料が無料になるDapps構築プラットフォーム

Ethlessとは?ゲーム手数料が無料になるDapps構築プラットフォーム

ETHのDappsを行う上で必要なトランザクション手数料を無料化するEthlessの紹介を行っています。幅広いユースケースもあるので開発者の方は必見です。

ユーザーがETHを持たなくてもOK

Ethless Dapps トランザクション 手数料無料

現状Dappsをプレイするためには、ほとんどの場合がトランザクションフィーなどの関係で、仮想通貨のETHを所有しておかなければなりません。

しかしETHを手に入れるためには取引所への登録や、ウォレットのインストールなど、仮想通貨の基本知識を学んでおく必要性が出てきます。

ただここで紹介するEthlessを使用することで、ユーザーがETHを使わずにDappsをプレイすることができるようになります。

Ethlessの特徴

Ethless Dapps トランザクション 手数料無料

先ほども簡単に説明しましたが、Ethlessを使ってDapps開発を行う上で、いくつかの特徴があります。

  • ユーザーがETHを使わない
  • 分散性の保持
  • Ethlessの使用は簡単

ではそれぞれについて解説していきます。

ユーザーがETHを使わない

ユーザーはEthless上で開発が行われたDappsを利用する時、ETHを用意する必要がありません。Ethlessのスキームを見る限り、サブアドレスが生成され、そこを通すことで、ユーザーはETHを持たなくてもDappsをプレイできるのでしょう。

ただこのスキームであるとETHを使ったアセットの購入までできるのかは、色々な書き込みなどを見ましたが不明です。公式サイトにも手数料を無料化と書いていたので、トランザクションの代行を行ってくれるイメージと思います。

もしトランザクションの代行などであれば、ライトなゲームやSNS系のDappsと相性が良さそうですね。Ethless上で作成されるDappsを今後もチェックするといいでしょう。

分散性の保持

ETHを使用しなくていい理由としては手数料の支払元を変えているからです。

スキームの中にSub Adressと書いてあるので、Ethless上でユーザーのサブアドレスを生成し、こちらを使用してユーザーは遊ぶことができるのですが、その管理や手数料の支払いは、サービスプロバイダーにシフトできます。

つまりはETHを使わないからと言って、ブロックチェーンを使用していないという事ではないので、分散性は保ったまま様々なサービスの構築が行えます。

Ethlessの使用は簡単

Ethlessの使用は簡単です。

こちらは数行のjavascriptをすでにあるコードの中に追加するだけで、スマートコントラクトのコードを崩さずにトランザクションの代行手続きが行えます。

すでに組みあがっているものであれば、コードを追加するだけなので、簡単にDappsの中にEthlessの機能(サービス)を組み合わせることができるでしょう。

多くのユーザーを取り込みたいというDapps開発者の方は、こちら検討してみるといいでしょう。すでにこちらは事前登録も行っているので、興味のある方はぜひ。

Ethless:https://ethless.v4x.co/index.ja.html

簡単なユースケース

ユースケースについても簡単に説明します。

Ethlessが応用できるものとしては以下の通りです。

  • 分散型ゲーム
  • DAppsの検証
  • その他Dapps

簡単で分かりやすいですが、補足を少し加えていきます。

分散型ゲーム

まずこちらについては、ゲーム内で発生するトランザクションの代行を行うことに利用できます。ブロックチェーンゲームの面倒な点がなくなるので、非常に画期的です。

ただ先ほどもお伝えしたように、アセットを購入する場合は、その購入費の立て替えは行えないと思うので注意しておいてください。

DAppsの検証

通常、Dappsを構築する場合はテストネットで作成を行いテスト用のETHをユーザーに使ってもらって検証を行っているような状態です。

この場合プレイヤー側は、テスト用のETHを使用しなければいけないため、ウォレットなどが必要になり、検証にも手間と時間がかかってしまいます。

しかしこのEthlessを使用すれば、テストETHが必要なくなるので、ユーザーは手軽にゲームプレイ、開発者は素早く仮説の検証が行えるようになるでしょう。

こちらはかなりいい使い方だと思うので、この方式でのDapps開発がどんどん出てきてくれれば、市場に誕生するDappsも増え、クオリティも上がってくると思います。

その他Dapps

こちらは先ほども言ったSNSなどのDappsですね。

分散型のサービスも幅広くなってきているので、このEthlessの活用も増えてくる可能性があります。相性がいいものなども色々あると思うので、今後このサービスを使ってどのようなDappsが世の中に誕生してくるのかが楽しみです。

ぜひこちらには注目を行っておきましょう。

まとめ

まとめ

Ethlessがどのようなサービスか、特徴やユースケースについて紹介しました。

手数料を代行するだけでも市場にとっては大きな前進となりそうなプロジェクトですね。Dappsに興味を持つユーザーが増えるキッカケにもなりそうなプロジェクトなので、こちらの進捗についてもチェックしておくといいでしょう。

特にDappsの開発者の方は、リリース前のテストなども効率的に行えるので、こちらを利用して見るといいと思います。事前登録がすでに行われているので、興味のある方は、公式サイトから登録を行っておくことをオススメします。

このようなプロジェクトについては、大手企業が提供しているUniqys Networkでも行われようとしています。こちらはその他にもブラウザウォレットの提供など様々なサービスを手掛けているので、チェックしておくと面白いと思います。

こちらの概要については「Uniqys Networkのプロジェクト概要」で解説しているので、こちらも合せて確認してもらうと分かりやすいと思います。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players