dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > Engateとは?NEMを活用したスポーツチームへの投げ銭サービス
Engateとは?NEMを活用したスポーツチームへの投げ銭サービス

Engateとは?NEMを活用したスポーツチームへの投げ銭サービス

NEMのブロックチェーンを活用した投げ銭サービスのエンゲートについて、概要や仕組みについて解説しています。

Engateとは

エンゲート engate NEM 投げ銭 ブロックチェーン

ファンが自分の好きなスポーツチーム(選手)に投げ銭ができるサービスです。

試合中や練習中など、リアルタイムで応援しているチーム(選手)に投げ銭を行う事で、これまで声援でしか送ることのできなかったファンが新たな方法で、チームをサポートすることが可能です。

多くの支援を行ったファンには、チームから写真や握手ができるなどの方法でリワードを獲得できるようになっています。このように単に投げ銭をして終わりと言うわけではなく、コミュニケーションも取れるようにしているプロジェクトと言えます。

仕組みは

エンゲート engate NEM 投げ銭 ブロックチェーン

ファンはエンゲートのサイトでポイントを購入します。

そのポイントを使って試合中や練習中などに選手に投げ銭を行う事が可能です。このエンゲートのサイトではお気に入りの選手の登録などもできるようになっているので、気軽に目的の選手を支援することができるようになっています。

試合の動画や練習風景のライブ配信なども行われるみたいなので、試合会場には行けずとも、より身近な感覚で選手を応援することができるでしょう。

また先ほどもお伝えしましたが、ただ投げ銭を行うのではなくファンからの投げ銭はデータとして残るので、多くの投げ銭を行ったファンには選手やチームから特別なリワードが提供されることがあります。

こういった部分がエンゲートが目指すファンとチームのコミュニケーションを作るという事なのでしょう。サービスを利用することで個人の応援がより身近なものになるので、今まで以上にスポーツチームも気合が入ることだと思います。

このサービスはスマホアプリでも提供される予定があるので、個人がより手軽に好きなスポーツチームを応援できることになりそうです。

NEMブロックチェーンを使用

エンゲート engate NEM 投げ銭 ブロックチェーン

エンゲートで使用するポイントですが、これはNEMベースのトークンです。

トークンをポイントとすることで、ブロックチェーン上に記録が行われるので、どれだけ選手が応援されているか一目でわかるようになります。

実際にエンゲートがこのプロジェクトに乗り出すことを決定したときに、ビットコイン、イーサリアム、ネムのうちどの通貨を使用するかの検討もあったそうです。

この中でもNEMを選んだ理由としては以下の3つが上げられていました。

  • トークンの安全性
  • 簡単な実装
  • 安価な手数料

それぞれ簡単に解説します。

トークンの安全性

トークンは核となるプロトコルから発行されるため安全性が非常に高いです。

NEMそのものが悪意のあるノードを強制シャットダウンする機能や、アクセスの正当性を調べる機能があるので、このような技術の恩恵があるのでしょう。

簡単な実装

実装も簡単に行うことができます。イーサリアムの場合はコントラクトを書き込んだりする場合もありますが、NEMはツールを使うような形でトークンを発行できます。

これでコードに対する知識のない人でもトークンが発行できるような仕組みになっており、NEMのAPIにも依存するため不具合が起きにくいと言われています。

安価な手数料

最後に手数料ですが、こちらはかなり安価なものとなっています。

同じようなDappsを作るプラットフォームとしてイーサリアムと比較すると分かりやすいですが、手数料は1/40とかなり安く抑えることができます。

つまりはこれら3つの「安全、簡単、安い」と言う理由により、NEMがエンゲートに採用されたと言われています。またトークンを発行することで外部では価値を持たないことも、エンゲートの安全性が保たれる要因とのことです。

エンゲートの想い

エンゲート engate NEM 投げ銭 ブロックチェーン

エンゲートでなくてもこのようなサービスはすでに存在しています。

ではなぜエンゲートがよりハードルの高いブロックチェーン技術を使ってこのようなサービスを打ち立てたのか。

  • コスト削減
  • 安全性の確立

様々なことが上げられますが、一番は応援したという事実がブロックチェーン上に記録され恒久的に残っていくという点です。

ブロックチェーンのデータそのものがファンとチームの絆と言われていたので、このような思いからブロックチェーンを使用した投げ銭サービスを展開したのでしょう。

まとめ

まとめ

エンゲートの概要と仕組みについて簡単に説明しました。

スポーツファンであれば、一度は利用してみたいサービスですね。自分が応援したい選手を直接応援することも出来ますし、その記録もしっかりと残ります。

選手にとってもかなりモチベーションになることは間違いないので、リリースに向けても非常に期待が高まります。

まず最初のリリースについては2018/10/20~21に開催されるバスケの試合です。その後、女子サッカーやハンドボールの試合など様々なスポーツ分野で活用される予定なので、こちらにも注目しておくといいでしょう。

エンゲートの解説については以上で終了となりますが、このようなポイントサービスとブロックチェーンを絡めたサービスは他にもあります。

グルメSNSやクイズに答えてポイントがもらえるものなど、手軽に行えるものばかりです。これらは「ポイントサービスのようなオススメDappsまとめ」で紹介しているので、興味のある方は合わせてご確認ください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players