dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > サービス終了のゲームアイテムが資産に!Dapps特性を活かした活用法
サービス終了のゲームアイテムが資産に!Dapps特性を活かした活用法

サービス終了のゲームアイテムが資産に!Dapps特性を活かした活用法

サービスが終了したゲームのアイテムをトークン化する技術が出てきました。この技術によってDappsの可能性はまた更に広がりそうです。

既存のゲームアイテムをトークン化

サービス終了 アプリ ゲーム トークン化 Dapps 資産

この技術を利用したのがサービスが終了になった「レキシトコネクト」というゲーム

この中で使用されていたゲームアイテムが「HL-Report」というDappsを使いトークン化を行う事ができるようになりました。

現状のソーシャルゲームなどでは、サービスが終了してしまうとその中で使用していたゲームアイテムなどはユーザーの手元に残りません。

ただそのアイテムなどをトークン化することによって、サービスが終了したゲームアイテムを資産に変えることができます。その技術を実現化させたのが今回の例です。

現状はアイテムをトークン化したことによって、コレクションとして保管する事しかできませんが、これが今後どのような活用法があるのかを見ていきたいと思います。

トークンの活用法

この技術が今後多くのゲームで活用されだすと以下の活用法が出てくると思います。

  • コレクションとして保管
  • アセットの売買
  • クロスオーバーで復活

簡単に想像できる部分としては上記のような活用法です。

ではそれぞれについて見ていきましょう。

コレクションとして保管

サービス終了 アプリ ゲーム トークン化 Dapps 資産

まずは現状でも行われているコレクションの保管です。

やはりやり込んだゲームなどがあった場合サービスが終了して、なにか物寂しい気持ちになり、機能もしないアプリなのにしばらくアンインストールできずにそのまま放置と言ったこともあると思います。

しかしトークン化を行う事で、これまで遊んできたゲームのキャラなども保管できるようになるので、思い出の品をデジタルアセットとして保管できるようになります。

ちょっとした気休めと言われるかもしれませんが、本当に熱狂的なファンであったゲームであれば、これは嬉しいサービスとなることでしょう。

アセットの売買

サービス終了 アプリ ゲーム トークン化 Dapps 資産

オープンシーなどがこのようなアセットに対応することで売買を行う事も可能になるでしょう。またアセットによっては、かなり高額で売買される気がします。

TCGなどで考えてもらうと分かりやすいのですが、現行のルールに対応していないカードも1枚で数十万~100万円を超えるものがあります。トークン化することによってこのようなポテンシャルも引き出せるのではないでしょうか。

また売買が可能になれば、今までゲームにかけてきた時間やお金が多少は回収できるようになるかもしれないので、こちらもプレイヤーにとってはありがたいと思います。

クロスオーバーで復活

サービス終了 アプリ ゲーム トークン化 Dapps 資産

トークン化すればクロスオーバーでアセットが再び利用することができるようになる可能性があります。また対応するサードパーティなどがあれば、これらのアセットが再びゲームで活用できる可能性にも期待です。

今回のレキシトコネクトでは、キャラクターのトークンはERC721で作成され、コスチュームはERC1155で作成されています。

このERC1155を使っているという点が注目ポイントです。

ERC1155と言うのはEnjinが開発したトークン規格なのですが、このトークン規格を使用しているゲームは今後クロスオーバーを行っていく予定があるため、今回のレキシトコネクトのコスチュームも再びゲームで利用できる可能性もあります。

このようにトークン化を行う事で、終了したゲームアイテムが違ったゲームで使用できる可能性は十分にあると考えています。また更にはそのように他のゲームで利用できることによって、アセットの価値も出てくる可能性もあります。

これは一番期待したい活用法ですね。このようなことが実現すれば、Dappsの技術と言うのも一気に知名度が上がると思います。

まとめ

まとめ

サービスが終了したゲームアイテムをトークン化した時の活用法を紹介してきました。

これはかなり今後の需要が伸びていきそうな技術だと思います。ゲームアイテムを永遠に保管できるだけではなく、お金を稼ぐことができたり、またはDappsの中で復活させるなど、様々な可能性があることでしょう。

この技術が浸透していけば、既存のゲームとDappsの可能性は、また更に広がっていくことと思います。この技術についても注目しておくと面白いかもしれませんね。

今回出てきたEnjinのゲームはすでにクロスオーバーが決まっているものがあります。

それらのゲームについても「Enjinの技術を利用したブロックチェーンゲームまとめ」でまとめているので、こちらも確認しておくといいでしょう。今後これらのゲームにレキシトコネクトのアイテムが使えるようになるかもしれませんね。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players