dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > Dharma Leverの始め方と使い方|仮想通貨を稼ぐレンディングのやり方
Dharma Leverの始め方と使い方|仮想通貨を稼ぐレンディングのやり方

Dharma Leverの始め方と使い方|仮想通貨を稼ぐレンディングのやり方

仮想通貨のレンディングが行えるDharma Leverの始め方と使い方を紹介。手堅く仮想通貨を稼ぎたいという方にはオススメのサービスです。

Dharma Leverとは

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

Dharma LeverとはETHとDAIのレンディングが行えるサービスです。

すでにレンディングではCompoundが有名ですが、金利も変わってくるのでより効率よく稼げるものを選択して利用するといいでしょう。

ここではこのDharma Leverの始め方や使い方について紹介します。

始め方

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

始め方はメールアドレス登録などの設定を行えばOKです。

Dharma Leverの公式サイトにアクセスを行い、TOPにメールアドレス入力欄があるので、こちらに任意のメールアドレスを入力してGET STARTをクリックします。

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

次に氏名とパスワードの入力です。

この2つの入力を入力して次に進めば登録完了です。

使い方

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

Dharma Leverの使い方も簡単です。

  • Borrow(借入)
  • Lend(貸出)

この2つがあるので、それぞれ紹介を行っていきます。

Borrow(借入)

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

仮想通貨の借り入れはダッシュボードに移行後、Borrowを選択して行います。

※ダッシュボードにはTOP右上から移行

Take out a Loanというボタンがあるので、こちらをクリックして借入の申請を行いましょう。この後に借入を行うための入力フォームに移ります。

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

入力フォームは、まず借り入れを行う通貨の選択から始めます。

  • ETH
  • DAI
  • USDC

どの通貨を借りるか選択し、次に進むことで借入の金額設定などを行います。

そして借入の金額の入力ですが、ここで注意しておきたいことが担保の設定です。Dharmaで借入を行う場合、担保を預ける必要があります。

ETHの場合はUSDC、またDAIやUSDCを借りる場合はETHを担保にする必要があり、最低でも借入額の150%相当の資金を担保にする必要があるので覚えておいてください。

※担保の割合を大きくすることで強制返済ラインが上がります

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

最後の情報入力として借入資金を入金するウォレットアドレスを記載しましょう。

ウォレットアドレスについては通貨の受け取りを行うアドレスになるので、対応しているETHのウォレットをあらかじめ準備しておきましょう。

Check:オススメの仮想通貨ウォレット3選

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

後は申請を行う場合はPINコードの設定が必要です。

4桁の数字を入力することで、読み込みが行われ担保を預けるためのウォレットアドレスと担保に入れる金額が表示されます。

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

後はこのウォレットに表示されている分の担保金を預けることで借入の申請を行った金額が振り込まれるので待っておきましょう。

借入を行った履歴などについてはダッシュボードでも確認できるので、返済や確認を行いたい方はこちらから操作を行うようにしてください。

Lend(貸出)

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

仮想通貨の貸し出しを行う場合はLendから行います。

下部にある通貨一覧の中から貸し出したい通貨を選択し、貸し出し金額などの指定を行います。こちらは金利も表示されているので確認しておくといいでしょう。

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

次は貸し出しを行う通貨の金額を入力します。

ここで覚えておきたいこととして2つのことがあります。

  • マッチングして金利が発生
  • 一定期間のロックアップ

まずは金利が発生するタイミングですが、こちらは貸し出しの申請を行ってすぐに発生するものではありません。貸し出し相手が見つかってからになります。

またもう一つは貸し出しを行うと一定期間預けた資金がロックアップされるということです。今回の場合で言うと画像の90Daysと言うのがそれに該当します。

それぞれの情報を確認して、貸し出しの申請を行うようにしてください。この後にPINコードの入力があり、貸し出し金を振り込むウォレットアドレスが表示されます。

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

このウォレットアドレスは簡単にコピーできるようになっているので、こちらに貸し出しを行う通貨を指定の金額分送金すればOKです。

レンディングの方法も非常に簡単なのでぜひ試してみてください。

ダッシュボード

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

ダッシュボードでは利用している借り入れや貸し出しの情報の確認や清算を行うことができます。かなりシンプルで利息の確認も行いやすいです。

また清算を行う場合は該当するものをクリックします。

まずは借り入れの清算方法です。

借り入れ清算

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

クリック後に表示されるページの右にREPAY YOUR LOANのボタンがあるので、こちらをクリックしPINコードを入力します。

コードを入力するとウォレットアドレスと金額が記載されているので、借り入れを行っていた場合はこちらに指定されている金額を入金すればOKです。

後は自動で担保に入れていたものがウォレットに戻ってきます。

貸し出し金の引き出し

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

貸し出しを行っている金額を引き出す場合は、View your~をクリックします。

こちらを開くことで、貸し出しを行っているものや申請中のもの、これまで貸し出しを行った履歴などの一覧が表示されます。清算を行うものを選択しましょう。

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

選択後のローンの詳細画面にてWithdrawと言うボタンがあるので、こちらをクリックしPINコードを入力して引き出しの申請を行いましょう。

Dharma Lever 始め方 使い方 仮想通貨 レンディング

後は引きだす金額と入金するウォレットアドレスを入力して、下部にあるCOMFIRM WITHDRAWをクリックすれば資金の引き出しが開始されます。

Dharma Lever自体かなり簡単に扱える便利なサービスとなっているので、手堅く仮想通貨を稼いでみたいという方は利用してみるといいでしょう。

まとめ

まとめ

Dharma Leverの始め方と使い方について紹介を行いました。

手軽に利用できレンディングを行えば仮想通貨も稼ぐことが可能なので、興味のある方はこちらのサービスも触ってみるといいと思います。

また同様のレンディング系のサービスとしてはCompoundもあるので、金利を比べてみて利用するものも変えていくと効率的にレンディングができるでしょう。

このCompoundの使い方については「Compoundの始め方と使い方」で紹介しているので、こちらも合せてご確認ください。取り扱い通貨も豊富でオススメです。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players