dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > D’CENTとは?スマホ連携の指紋認証ハードウェアウォレットの特徴
D’CENTとは?スマホ連携の指紋認証ハードウェアウォレットの特徴

D’CENTとは?スマホ連携の指紋認証ハードウェアウォレットの特徴

スマホと連動して利用できる指紋認証型の仮想通貨ハードウェアウォレットであるD'CENT(ディセント)特徴をまとめています。

D’CENT(ディセント)とは?

D’CENTとはスマホと連動し、指紋認証でウォレットが操作できるようになる仮想通貨のハードウェアウォレットです。

通常のハードウェアウォレットでは、安全に資産を管理することができますが、その反面、パスワードの保管や秘密鍵の保管など面倒な点が多く、簡単に資産を動かすことができないなどちょっと利便性が高いとまでは言えません。

ただこのディセントであれば、スマホアプリとも連動させ、送金なども行えるようになっているので、資産を安全に管理したまま簡単に仮想通貨のやり取りができます。

もちろん送金のときも指紋認証の必要があるので、安全性が高いと言えるでしょう。

ここでは、このディセントについてどのような特徴があるのかを解説していきます。

ディセントの特徴

D'CENT ディセント ハードウェアウォレット スマホ 仮想通貨

ディセントの特徴は様々ですが、特に注目しておきたい点について紹介します。

  • 安全性の高さ
  • 長持ちバッテリー
  • スマホアプリと連動

それぞれ簡単に解説していきます。

安全性の高さ

D'CENT ディセント ハードウェアウォレット スマホ 仮想通貨

もちろんハードウェアウォレットなので、ハッキングが行われるリスクは極端に低下します。また指紋認証での管理となるので、基本的に所有者がいない限り、ウォレットを操作することが不可能と言えます。

更にこの指紋情報については、ディセントに内蔵されているチップに記録されるのですが、こちらのチップもデータが暗号化されているだけでなく、EAL5+ Level IC-Chipと言うクレジットなどにも使用されるものが使われています。

金融関係でも使用されるチップなので非常にセキュリティが高いものと言うことが分かりますね。また完全に自分の指紋が秘密鍵のような扱いにもなるので、利便性と高セキュリティを両立させたウォレットと言えるでしょう。

またこのディセントは、単体での初期化も可能となっているので、マルウェアの感染やウイルスなども根本的に防ぐことが可能となっています。

長持ちバッテリー

D'CENT ディセント ハードウェアウォレット スマホ 仮想通貨

このようなものでは、やはりバッテリーの持ちも気になりますね。

バッテリーについてはフル充電で、約14日持つ設計となっているようです。また充電が切れた場合もマイクロUSBで簡単に充電が行えます。

充電中のウォレットの操作も可能となっているため、このような点についても安心して使用できると言えるでしょう。簡単に充電できるのもいいですね。

スマホアプリと連動

D'CENT ディセント ハードウェアウォレット スマホ 仮想通貨

こちらは冒頭でも簡単に紹介しましたが、スマホアプリと連動し、資産の管理や送金など、様々なことが行えるようになります。

このスマホアプリについては、資産管理の上で役に立つリアルタイムの資産価格や保有通貨の割合も表示してくれるようになっているので、今いくら分の仮想通貨をどの割合で持っているのかなども簡単に把握できるようになります。

簡単に資産の概要を把握できるのも、このディセントの特徴と言えるでしょう。

対応通貨は?

D'CENT ディセント ハードウェアウォレット スマホ 仮想通貨

対応通貨については以下の通りです。

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • MONA
  • EOS
  • LSK?(販売ページにはRSK)
  • ERC20
  • RRC20

このようなものとなっています。幅広い通貨に対応しているので、利用できるユーザーも多そうです。特に日本で取り扱われている通貨が多いので、ハードウェアウォレットを使ってみたいという方は是非検討してみるといいでしょう。

手軽に使用できるので初心者の方にもオススメですね。

販売店について

販売店については、日本のECショッピングサイトで購入できます。

プレスなどにもリンクがあったので、そちらが日本の代理店となっているのでしょう。日本語での解説などもあるので、こちらもチェックしておきましょう。

今なら30%割引が付いていて15000円程度となっているようです。

+Style:D’CENT販売ページ

まとめ

まとめ

指紋認証可能なハードウェアウォレットであるディセントについて紹介しました。

自分の指紋が秘密鍵のような役割になるということで、このような手軽に扱えるウォレットを待ち望んでいた人は多いのではないでしょうか。

このウォレットは結構流行るかもしれませんね。

送金を行う場合などは、送付先のアドレスをQRコードでも読み取れるようになっているので、かなり簡単に扱うことも出来るでしょう。色々と便利な機能が多いので、こちらもぜひチェックしてみてください。かなり使いやすいと思います。

ディセントについての説明は以上で終了ですが、ハードウェアウォレットが高くてあまり購入する気になれないという方は、スマホアプリのハードウォレットがオススメ。

MEWconnectであれば、ETH系の通貨にはなりますが、マイイーサウォレットと連動して資産を安全に管理することができるので、安全性は増します。

こちらのウォレットが気になる方は、「MEWconnectの登録方法と使い方」で、詳細を紹介しているので、こちらもぜひチェックしておいてください。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players