dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > 1万円ではじめる不動産投資!CREALとクラウドバンクを徹底比較
1万円ではじめる不動産投資!CREALとクラウドバンクを徹底比較

1万円ではじめる不動産投資!CREALとクラウドバンクを徹底比較

1万円からの資産運用ができるCREAL(クリアル)とクラウドバンクの比較を行っています。どちらも魅力的な投資になるので、ぜひご確認ください。

資産運用に興味のある方へ

不動産投資より大きなリターンを見込みたい。

そのような方は同じく安定した収益性+リターンが見込める仮想通貨のレンディングもチェックしておくと資産運用の幅が広がることでしょう。

仮想通貨レンディングとクラウドバンクの比較

不動産投資で人気

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資

不動産投資で人気の2社を比較!

CREAL(クリアル)とクラウドバンク、どちらが効率よく投資ができるのか。

専門的な知識がなくても安定した資産運用が行えるので、何かしらで資産運用を行いたいという人はぜひチェックしておきたい投資先になるでしょう。

現在の状況では老後のことも心配。。。

そう考える方も多いと思うので、今回は2業者の利回りや安全性などのポイントを比較し、上手に資産運用が行える方法を探っていきたいと思います。

2業者の比較ポイント

クリアルとクラウドバンクは厳密にいうと投資の種類が異なります。

しかし基本的な仕組みは同じで、投資先が収益を上げれば収益が還元される。このようなイメージなので、比較するポイントは以下に絞ってみました。

  • 利回り
  • 安全性
  • 案件の豊富さ

もちろん資産運用に大事なポイントなので、この点は押さえておきましょう。

各業者で3つの項目について紹介していくのでチェックしてみてください。

CREAL(クリアル)

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資
CREAL(クリアル)基本情報
運営ブリッジ・シー・キャピタル
住所東京都中央区銀座2-16-11 片帆ビル3階
代表取締役社長横田 大造
利回り想定4~5%
最低投資額1万円~

まず基本的な情報としては上記の通りです。

クリアルの投資先としては、マンションなどの不動産だけでなく、ホテルやレジャー施設など。普通では投資できない案件に少額から投資できるのがポイントです。

また投資に関する手数料は全く必要なし。

効率的に資産運用ができる環境が整っているのも評判の秘訣といえるでしょう。

利回り

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資

クリアルの利回りは4~5%を想定しています。

ただし案件によってはそれ以上の利回りが設定されていることもあるので、気になる方は一度サイト内のファンド一覧から確認を行ってみるといいでしょう。

また募集から配当までのスパンも短く、2ヵ月ほどで振り込みが開始されます。

手堅くすぐに資産運用を行いたいという方にはぴったりですね。

安全性

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資

クリアルは安全性については3つのポイントがあります。

  • 情報開示の徹底
  • 運営の保証制度
  • 子会社との連携

クリアルの情報の開示は細かく、投資先を十分選定していることがわかります。

また元本割れが起きた場合でも、運営が一割程度の保証ができるようになっています。上記の図でいうと劣後匿名組合出資という部分ですね。

細かなことを知る必要はないですが、元本回収の安全性は保たれています。

さらには子会社との連携を行っており、基本的に賃貸などの家賃回収ができないということは起こらない仕組みがとられていることも安心できるポイントです。

案件の豊富さ

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資

案件は月に1、2件ほど更新されているイメージです。

この数自体はそこまで多いとは言えませんが、グレーな案件を掲載することがないように物件を選ぶとこれくらいのスパンにはなるのかと。

不動産対象のソーシャルレンディングを見ても案件数といった点では、月に数件更新されればいいほうなので、クリアルが決して少ないというわけではなさそうです。

それだけしっかりとした案件を提示しているというのも好感が持てますね。

まずはどのポイントをとってみても肝心の案件を直接確認することが大事なので、興味のある方は掲載されているファンドを一度確認してみるといいでしょう。

CREAL公式

クラウドバンク

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資
CREAL(クリアル)基本情報
運営日本クラウド証券株式会社
住所東京都港区六本木七丁目15番7号 新六本木ビル 6F
CEO金田 創
利回り平均6.99%
最低投資額1万円~

クラウドバンクの基本情報は上記の通りです。

こちらは扱う案件が不動産のみではなく、中小企業支援ローンファンドや太陽光など幅広いものに投資が行えるようになっているので選択肢は多いです。

また不動産の投資先として多いのは海外のもの。

こちらは日本円で出資できるものもありますが、運用は米ドルで行われるので、良くも悪くも為替相場の影響を受ける可能性があるので覚えておきましょう。

利回り

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資

クラウドバンクの平均利回りは過去3年で6.99%

クリアルに比べると利回りは高いですね。ただし先ほども説明したように米ドルで運用することが多いので、為替相場の変動リスクがあります。

また手数料面については、投資にかかるものはありません。

ただし分配金や償還金については、米ドルから円に交換する場合に必要となってくるので、この金額を除いた額が受け取れるイメージとなります。

とはいっても、ほとんど手数料もないので安心して資産運用は行えます。

安全性

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資

クラウドバンクの安全性は相当高いと言っていいでしょう。

掲載される案件はプロが査定を行って厳密に選んだものなので、かなり安全度が高く、安定して利回りも受け取れるようになっています。

画像を見てもわかりますが、元本回収率も100%の実績。

かなり安心して利用できるサービスとなっていることがわかりますね。

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資

そのためか年々応募金額も右肩上がりとなっています。

クラウドバンクもかなり人気の業者なので、こちらも色々な案件を見比べてみて資産運用にチャレンジすると効率よく資産運用が行えそうですね。

案件の豊富さ

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資

案件は毎月かなりの数が更新されています。

ただ不動産のみとなると案件数はそこまで多くはないのでクリアルに軍配が上がる形になります。投資先が気にならないという場合はこちらもアリですね。

もちろんクラウドバンクで扱う案件は、不動産投資のように安定して資産運用ができるものが多いので、その他の投資先もチェックしてみる価値はあります。

こちらもすぐに確認はできるので、ぜひチェックしてみて下さい。

クラウドバンク

どちらも優良な投資先

クリアル クラウドバンク 比較 不動産投資

クリアルとクラウドバンクを比較しました。

どちらも優良な投資先であることは間違いありません。

ただし為替リスクなどのことを考えると、多少利回りが落ちたとしてもクリアルのほうが安定的に配当が受け取れる可能性は高いかもしれませんね。

為替リスクといってもいいほうに転がれば、クラウドバンクもメリットは十分です。元本回収の実績も申し分ないですし、非常に信頼性は高いといえます。

どちらも最低投資額は1万円からというのも嬉しいポイントです。

気軽に資産運用が始められるので、ぜひこれらのサービスや掲載されているファンド・投資先はチェックして資産運用を始めてみるといいでしょう。

またどちらの業者も簡単な登録を行えば、より詳しい情報が閲覧できるようになっているので、ファンドを確認する場合は登録だけでも行っておきましょう。

もちろん入金までする必要はありません。

ファンドの確認を行って投資をしたいと思った時に入金を行えばいいので、ぜひ色々な情報を精査したうえで、資産運用を行う投資先を決定してみてください。

CREAL公式

クラウドバンク

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players