dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > 「Cede」開発のBarehandがEnjinエコシステムに参加を発表
「Cede」開発のBarehandがEnjinエコシステムに参加を発表

「Cede」開発のBarehandがEnjinエコシステムに参加を発表

ブロックチェーンゲーム「Cede」を開発するBarehandがEnjinのエコシステムに参加したので、こちらのプレス内容を掲載しています。

EnjinにBarehandが参加

Enjin Cede ブロックチェーンゲーム

※以下プレスリリース全文

この度Enjin Pte.Ltd.(本社:シンガポー ル、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」) は、NFTを用いたブロックチェーンゲーム「Cede」を開発するBareHand LLCが、Enjinのエコシステムに参加したことをお知らせいたします。

Cedeはプレイヤーがチームを組成し、農作業・戦闘・環境変化(テラフォーミング)などを行う、戦略アクションRPGです。

トレーラービデオは、下記URLよりご確認いただけます。

当ゲームは2015年から開発されており、現在開発の最終段階にあります。

また今年Kickstarterにおいて、約140万円の資金調達を行っています。

今後シングルおよびマルチプレイヤーモードにて遊べるPC版がまずリリースされ、その後eSportsの要素を備えた、PvPモードがリリースされる予定です。

またゲームアイテムはERC-1155をベースに発行され、ユーザーはEnjin Walletを用いることで、これらアイテムの管理や、他マーケットプレイスへの販売が出来るようになります。

Enjin 会社概要

Enjin Cede ブロックチェーンゲーム

2009年に Enjin Network の提供を開始し、2000万人以上のユーザーが参加するゲームコミュニテ ィのプラットフォームを構築。

2017年にICOで1890万ドルを資金調達した後、誰でも簡単に、ブロックチェーンを用いた開発・マーケティング・取引ができる、プラットフォームの開発を進め ています。

ゲーム開発者は、Enjin Platform・Enjin Explorer・Enjin Wallet・Enjin Beam といったプロダ クトを使うことで、トークン化されたデジタル資産を、新規ユーザー獲得やエンゲージメント率 向上などに活用できます。

またこれらのプロダクトには、Ethereum ベースのトークンである、 Enjin Coin(ENJ)が使用されています。

Enjin 会社概要
代表Maxim Blagov
所在地16 Raffles Quay #33-03 Hong Leong Building Singapore, 048581
設立2009年
事業内容ブロックチェーンゲームプラットフォーム事業

お問い合わせ

問い合わせ
Enjin 日本市場担当平手宏志朗
連絡先kojiro@enjin.io

記事一覧