dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > other > アルファブラウザとは?仮想通貨ATKを獲得できるブラウザの特徴
アルファブラウザとは?仮想通貨ATKを獲得できるブラウザの特徴

アルファブラウザとは?仮想通貨ATKを獲得できるブラウザの特徴

仮想通貨ATKの報酬が貰えるAlpha Browser(アルファブラウザ)の紹介です。特徴から登録方法、簡単な使い方まで記載しています。

Alpha Browserとは

アルファブラウザとは、仮想通貨を稼ぐことができるブラウザサービスです。

グーグルやヤフーなどの検索エンジンを使用すると広告をよく目にすると思います。そこには自分にとって関係のないものが多く、純粋にユーザーの時間と注意を奪うだけのものとなっており、これらに対する報酬はありませんよね。

このユーザーが消費している「時間」と「注意」にも価値があると提唱し、これらに報酬体系を加えようとしているのがアルファブラウザとなります。

簡単に言えば検索エンジンを普段通りに使用し、広告を見ることで仮想通貨での報酬がユーザーにも発生するような仕組みを実現することがこのプロジェクトの目的です。

まずここではアルファブラウザの概要に触れ、どのような特徴があるのかを解説していきたいと思います。次世代のブラウザとして注目です。

ネット広告の現状

アルファブラウザ Alpha Browser 広告 仮想通貨 特徴 使い方 登録方法

普段ネットでよく目にするネット広告は、ほとんどの場合が有益なものとは言えません。しかしユーザーは無意識(強制的)に広告を目にすることで「時間」や「注意(力)」を奪われていることとなります。

もちろんこれら広告主からはユーザーにお金が支払われることはありませんよね。

アルファブラウザのプロジェクトチームはこの「時間」や「注意」にも価値があると考えており、「価値の蒸発」が起こっていると考えているようです。

またこの問題は広告を閲覧しているユーザーだけではありません。

広告を制作するクリエイターも該当します。広告が出来上がるまでの過程として、複数のクリエイターでコンペを行うような形式があります。

そこで最終的に残ったユーザーの広告が採用され、コンテンツ作成の報酬が贈られます。しかし、コンペに落選した人は報酬もありません。時間や労力を費やしたにも関わらず、無報酬となる形も1つの「価値の蒸発」といえます。

この価値は何千億円という規模として考えており、今回開発したアルファブラウザはこの価値の蒸発を無くすために提案されたプロジェクトとなっています。

特徴1:履歴情報が残らない

アルファブラウザ Alpha Browser 広告 仮想通貨 特徴 使い方 登録方法

グーグルなどを使っていると、キャッシュやクッキーなどの履歴情報が残ることがあり、こちらも不要な広告を出す原因となります。

またこのような情報は個人情報にも該当するので、既存のブラウザでは自分の情報の一部をさらけ出していることと変わりがないと言えます。

しかしこのアルファブラウザについては、履歴情報は一切残らないようになっています。これにより情報をさらけ出すことなく安心してブラウザの使用ができ、快適なネットサーフィンが可能となるでしょう。

このような点もアルファブラウザの技術力の高さが伺えますね。

特徴2:SNSのような使い方ができる

アルファブラウザ Alpha Browser 広告 仮想通貨 特徴 使い方 登録方法

詳細な使い方は後述しますが、アルファブラウザでは自分が投稿・共有したコンテンツにアクションを貰うことができます。

このようにアクションの制度があるためSNSのような使い方も出来ますし、ユーザーの反応をリアルに確認することも可能です。さらにはアクションを貰うことでポイントも稼げます。トークン獲得に変わるインセンティブなので注目しておきましょう。

特徴3:今後はAlpha Token(ATK)をユーザーに付与

現状実装されていませんが、ユーザーの価値の蒸発を防ぐために、アルファブラウザを使用するユーザーには、仮想通貨であるアルファトークンが付与される予定です。

閲覧するユーザーに対しては、自分が探しているコンテンツと関係のない広告を見ているときの時間によってトークンがもらえる仕組みとなっています。

このトークンの出どころは広告主からの報酬です。アルファブラウザ上に広告を掲載する広告主は、運営にではなくユーザーに広告費としてトークンを渡す形となり、お互いにWINWINな関係を気づくことが可能です。

またコンテンツクリエイターは著作権を保ったままコンテンツをブラウザに投稿することが可能となっており、独自のアルゴリズムによって表示されます。

コンテンツは有料とすることもでき、ここで上がった売り上げは、手数料なしに全額クリエイターの手元に入るような仕組みです。

これにより、現在のネット社会で起きていた価値の蒸発を防ぎ、経済を回していくというのがアルファブラウザの根本的な目的となります。

ブロックチェーンに代表される非中央集権の考えがあるからこそ、第三者の介入なく、広告費やクリエイティブに対する報酬が直に入るような仕組みとなっていのでしょう。

クリエイターは無料コンテンツの作成も可能

こちらはもう一つの特徴にもなります。

クリエイターは先ほどの有料コンテンツとは別に無料コンテンツも作成可能です。

有料コンテンツでは、直接的な収益を上げることは出来ますが、無料コンテンツでは自身のファンを獲得(繋がりの強化)することが可能となります。

これらは将来発生する収益の土台にもなる可能性があるので、無料コンテンツと有料コンテンツをいかにうまく使うかが大切となってくるでしょう。

今でいうツイッターとnoteやオンラインサロンが、イメージと近いかもしれませんね。

様々なコンテンツを用意できるようになっているので、クリエイターの方はうまく使い分けて独自のコンテンツを作成していきましょう。

現在はiOS版がリリース

アルファブラウザ Alpha Browser 広告 仮想通貨 特徴 使い方 登録方法

現在アルファブラウザはiOS版がリリースされています。

android版も時期にリリースされる予定となっているので、待っておきましょう。

また現在の仕様では、トークン報酬を獲得できる仕様にはなっていません。こちらも時期に対応すると思われるので、今のうちに使い方を把握しておくといいと思います。

後にATKに対応するウォレットなども実装され、この機能の一部にDEX(分散型取引所)も作られるようです。こうすることで獲得したATKをスムーズにその他の仮想通貨に変換することが可能となります。

iOSアプリ

登録方法は簡単

アルファブラウザ Alpha Browser 広告 仮想通貨 特徴 使い方 登録方法

登録はメールアドレスとパスワードの設定だけです。

まずはアプリを立ち上げ、下のメニューにあるプロフィールをタップしてください。するとログイン情報の入力画面に移行するので、こちらから新規アカウントを選択して、登録を行っていきます。

メールアドレスを入力し、横にあるセキュリティコードをタップすることで入力したメールアドレス宛に、コードが届きます。

こちらをコード入力欄に入力し、パスワードの設定を行えばOKです。

コードは送信してから有効期限(1分)があるので、先にパスワードを入力した状態でコード情報を送信してもらうとスムーズに登録ができるでしょう。

興味のある方は是非登録を行ってみて下さい。

簡単な使い方

アルファブラウザ Alpha Browser 広告 仮想通貨 特徴 使い方 登録方法

簡単にですが基本的な使い方を紹介します。

一番メインで使用するのはブラウザだと思います。こちらは通常のブラウザと使い方は同じです。上部にあるURL入力欄にキーワードやURLを入力して使用します。

また次はHotのタブですが、こちらがクリエイターやユーザーによってシェアされたものが投稿されます。現状はやはり動画メインで表示されるようになっているので、投稿を行う場合は上位に表示されているものを研究するといいでしょう。

アルファブラウザ Alpha Browser 広告 仮想通貨 特徴 使い方 登録方法

こちらもアルファブラウザの技術力の高さがうかがえる部分になるのですが、何かしらのコンテンツをシェアする時は、これらの行動がブロックチェーン上に記録されます。

ただこちらは使ってみると分かるのですが、トランザクションが発生していないかの如くスピーディにシェアすることが可能となっています。

一番右はプロフィール画面です。

こちらはユーザーネームや検索エンジンの設定。またBrowserタブを開いた時にデフォルトで表示されるホームページの設定などができます。

中段にはエネルギーと言う項目があるのですが、こちらは投稿されているコンテンツに対していいねなどのアクションを起こすときに使用します。

このエネルギーは課金や友達紹介で獲得できるようになっているので、アクティブにアルファブラウザを使用したい人は利用してみましょう。

逆に投稿したコンテンツに評価(アクション)が付けばポイントが獲得できるようになっています。こちらは現状仮想通貨ではありませんが、アルファブラウザ内で活用できるものなので活用してみてください。

まとめ

まとめ

アルファブラウザについて紹介を行ってきました。

現在はまだ仮想通貨のATKに対応していない状態となりますが、今後対応しユーザーやクリエイターなどが仮想通貨を簡単に稼ぐことができるようになるでしょう。

投稿した作品には独自の評価システムも採用される予定なので、これまで無名であったクリエイターの方でも、一気に人気を集めるきっかけになるかもしれませんね。

日本でのマーケットにも注力していくようなので、興味のある方はこのプロジェクトの進捗にも注目しておくといいでしょう。

アルファブラウザについては以上で終了となりますが、ブロックチェーン技術を使ったブラウザにはブレイブにも注目しておきたい所です。

高速ブラウジングや悪質な広告のブロック機能、後々にはこちらも広告閲覧による報酬を与える仕組みを検討しているようなので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

すでにブラウザとしても利用できるので、興味のある方は「ブレイブの初期設定方法と使い方」を参考にこちらのブラウザも使用してみるといいでしょう。

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players