dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > CryptoBaseBall > MLBがブロックチェーンゲームに参戦!CryptoBaseBallの事前登録方法
MLBがブロックチェーンゲームに参戦!CryptoBaseBallの事前登録方法

MLBがブロックチェーンゲームに参戦!CryptoBaseBallの事前登録方法

MLB CryptoBaseBallの事前登録方法と現状わかっている情報をまとめています。MLB×ブロックチェーンゲームという可能性に満ちたコラボは必見です。

とてつもなく可能性を秘めた仮想通貨ゲームが誕生しそうです。

なんとメジャーリーグ(MLB)と正式にパートナーシップを結んだゲームが遂に発表されました。

メジャーリーグの市場規模は1兆円超えるとも言われている大きな市場。この一部でもこのDapps業界、いや1つのゲームに流れ込んでくる可能性があるということは、今後の成長に期待が高まります。

MLB CryptoBaseBallとは

クリプトベースボール MLB CryptoBaseBall 事前登録 Dapps ブロックチェーンゲーム 仮想通貨ゲーム

メジャーリーグが正式にブロックチェーンゲームの開発企業とパートナーシップを結び、リリースする予定のものとなっています。

この開発企業というのもクリプトスペースコマンダー(CSC)やCryptic Conjure(クリプティックコンジャー)などの話題性のあるゲームを手掛けているLucid Sight社です。

Lucid Sight社にとってはビックタイトルが3つ重なって開発となりますが、中でもMLB CryptoBaseBallは、かなり気合を入れて進むものと思われます。

肝心のゲーム性は?

クリプトベースボール MLB CryptoBaseBall 事前登録 Dapps ブロックチェーンゲーム 仮想通貨ゲーム

どのようなゲームとなるのかは細かく発表はされていません。

現段階でわかっていることとしては以下の通りです。

  • MLB Cryptos(選手?)というアセットを使用
  • レベルアップや能力を獲得(育成要素)
  • ゲームに勝つと報酬もあり
  • もちろんアセットは売買可能

まだゲームシステムについては言及がありませんが、上記のことは公式ページに書いてあるので、実装されることは間違いないでしょう。

正式にMLBに所属する30球団のロゴも使用しており、本格的なゲームとして稼働してきそうです。

ゲームプレイの動画ではありませんが、おそらくこのメジャーリーガーに見立てたフィギュアのようなものがアセットになるのでしょう。

野球なのでこれらを集めたオリジナルチームで試合が可能になると、面白そうですね。

キャラクターは実在の選手などを使用するのかなども不明ですが、もし使用されるということになれば、コレクティブルの要素もあり一層盛り上がりそうです。

新たなサンプル動画が公開

ミディアムで新たなサンプル動画が公開されました!以下に添付しておきます。

フィギュアのような作りで可愛いですね。これらは全てNFT(ノンファンジブルトークン)で作成されているので、どのような特徴を持つのか気になるところです。

こちらはまだ発表されていないので、判明次第追試いたします。

ゲームはスマホでも可能

クリプトベースボール MLB CryptoBaseBall 事前登録 Dapps ブロックチェーンゲーム 仮想通貨ゲーム

このMLB CryptoBaseBallはスマホからもプレイ可能になる予定です。

現段階ではiOSとandroidどちらのバナーも用意されているので、対応してくるものとみられます。ただiOSについては色々と規制があるので、今後の動向にも左右される可能性はあるでしょう。

ブロックチェーンゲームの認知が広がる

MLBがブロックチェーン業界に参入してくるということは、先ほども簡単にお伝えしたように1兆円規模の市場が参入してくるということです。

何がすごいのかというと、この資金の一部が流入してくることもすごいのですが、未だにブロックチェーンゲームのことを全く認知していない人にまで、ゲームのことが届くということです。

現にこのゲームのプレスが出てからも、これまでブロックチェーンゲームのことを全く取り上げていなかったメディアがいくつもこのゲームに関する記事を執筆しています。

それだけブロックチェーンゲームの認知が拡大されるということです。

またMLBと提携するということは、もしかすると各球場の看板や提携しているオンライン広告枠にも、MLB CryptoBaseBallが露出する可能性があります。

年間でも何百万人規模の人が目にする広告となるので、これはDapps市場の盛り上がりに一役買うのではないでしょうか。

今後のMLB CryptoBaseBallの動向には注目せざるを得ないと言えますね。

事前登録方法

クリプトベースボール MLB CryptoBaseBall 事前登録 Dapps ブロックチェーンゲーム 仮想通貨ゲーム

事前登録は公式サイトより行うことができます。

TOPより下にスクロールしていくと、上記画像のような部分が出てくるので、SIGN UPと書いてある部分をクリックしてください。

クリプトベースボール MLB CryptoBaseBall 事前登録 Dapps ブロックチェーンゲーム 仮想通貨ゲーム

次の画面で以下の情報を入力します。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ETHアドレス

ETHアドレスについてですが、メタマスクかTrustなどのブラウザウォレットのアドレスを入力しましょう。

間違えがないのはメタマスクです。Trustなどは後でインポートもできるので、メタマスクのアドレスを入れることで、PC・スマホ両方で同じゲームデータを使用することができます。

メタマスクをまだお持ちでないという方は、「メタマスク│登録方法から使い方の解説」に基本的なことをまとめているのでご参考ください。

全ての情報を入力し終えると、SIGN UPを押します。簡単な利用規約が出てくるので、OKを押すことで登録は完了です。

遂にプレセールが開始

クリプトベースボール MLB CryptoBaseBall 事前登録 Dapps ブロックチェーンゲーム 仮想通貨ゲーム

遂にプレセールが開始し始めました。

見てわかる通り、価格設定については約0.6ETH~となかなかの強気な設定。高いものになると、200ETHの設定とプレセール価格もメジャー級ですね!

ただこれらの価格については、全て逆オークション制となっているので、これらについては徐々に値段が下がっていく仕様です。

大体どのくらいが適正価格なのかを最初は見てみるのもありですね。

しかも各アセットは1日単位で、0ETHまでなる仕様となっているので、適正価格をチェックするためには、出来るだけ定期的にチェックしていくといいでしょう。

まとめ

まとめ

MLB CryptoBaseBallについてわかっている情報と事前登録方法について紹介してきました。

ゲームシステムや中身については、まだ何も発表されていないので何とも言えませんが、ある意味これまでで一番期待のできるブロックチェーンゲームかもしれません。

このMLB CryptoBaseBallによって様々なDappsのプレイヤーが増えるということも十分にあり得ます。

開発している会社もこれまで10以上のゲームを作成し、実績は十分あると思うので、ぜひ頑張ってほしいですね。

リリースも近々行われるという事なので期待して待っておきましょう。

同じ開発会社が先に手掛けている「クリプロスペースコマンダー(CSC)」は、また違ったゲーム性となっているので興味のある方は、あわせてチェックしてみてください。

MLB CryptoBaseBall | クリプトベースボール

MLB公認!ブロックチェーンゲーム界に衝撃が走る!
アプリリリースも控えているので手軽にプレイも可能

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players