dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > LoomNetwork > Plasmachainとは?Loomの新たなサイドチェーン構想の仕組みと特徴
Plasmachainとは?Loomの新たなサイドチェーン構想の仕組みと特徴

Plasmachainとは?Loomの新たなサイドチェーン構想の仕組みと特徴

Dappsにも活用されているLoomNetworkのサイドチェーン技術が新たな構想を打ち出したので、仕組みや特徴をまとめています。

Loomのサイドチェーンに変化

以前Loomのサイドチェーンである「Zombiechainについて特徴やDappチェーンとの違い」を解説しましたが、さらにLoomのサイドチェーン技術が進化しました。

それが今回発表されたPlasmachainです。

今回発表された構想では、以前の構想にGamechainを加え、レイヤーを3段階に重ねることによって、ガス代低下や実装できるものを多様化することが可能になります。

まずはこのプラズマチェーンの仕組みについて見ていきましょう。

Plasmachainの仕組み

LoomNetwork サイドチェーン Plasmachain プラズマチェーン 手数料 仕組み 特徴

まずは以前のゾンビチェーンのおさらいです。こちらは簡単に解説します。

以前提唱していたゾンビチェーンでは、イーサリアムのメインネットにゾンビチェーンを繋ぎ、そこでゲームをプレイしてもらうというものでした。

サイドチェーン上のゲームプレイとなるので、問題となっているトランザクションの遅延解消や手数料の低下などを期待することができます。

またプラズマキャッシュをサポートしているので、メインネットに資産を移行(トランザクションで保存)する場合も、安全性を確保することが可能です。

これだけでもかなり有用なチェーンの仕組みとなっていますが、発表されたチェーンの構造はレイヤーが3つ。

これがどのような構造になるのかを説明していきます。

LoomNetwork サイドチェーン Plasmachain プラズマチェーン 手数料 仕組み 特徴

こちらが新たな構想のものになります。

メインネットに繋げていたゾンビチェーンをプラズマチェーンに変更(正式にはリブランディング)、第三のレイヤーであるゲームチェーンを実装するような形式になります。

ゲームをプレイするチェーンはゲームチェーンとなっており、このチェーンは直接メインネットとは繋がっていないため、ガス代が不要になるとのことです。

また画像にさらっと乗っていますが、今後はイーサリアムだけでなくBTCでのペイメント機能に向けても実装を行う予定となっています。

一段と技術が飛躍してきましたね。ガス代が不要になるというだけではなくBTCでのペイメント機能に対応できるとなると、かなりのユーザーも取り込める可能性があるのではないでしょうか。

では新たなサイドチェーン技術の構造についてはわかりましたが、実際にプラズマチェーン上では何が行われるのか。

この点につい特徴もあわせて紹介していきたいと思います。

プラズマチェーンの特徴

プラズマチェーンには以下の機能が実装されます。

  • MainNetへのPlasmacashのリンク
  • DEX・マーケットプレイスの実装
  • ETH・LOOMでのペイメント
  • BTCのペイメント機能の統合
  • レイヤー3のPlasma Cashリンク

ではそれぞれについて見ていきます。

メインネットへのプラズマキャッシュのリンク

まず1つ目はプラズマキャッシュを利用したセキュリティについての話です。ETHを含む、ERC20やERC721をPlasma Cashを利用し、メインネットへ繋げるためのリンクを作成します。

このことにより、従来の構想通り安全に資産を管理することが可能になります。この点については、新たに発表されたERC721xにも対応していることでしょう。

Check:ERC721xの仕組みと特徴

DEX・マーケットプレイスの実装

また2つ目はDEXやマーケットプレイスの実装です。

こちらもサイドチェーン上で展開を行う事によって、手数料を削減や、スケーラビリティ問題にも対応できるので、快適に取引を行うことができるようになるでしょう。

ETH・LOOMでのペイメント

3つ目はETHやLOOMでのペイメント対応です。

おそらく2つ目の特徴に書いたDEXやマーケットではETHだけでなく、LOOMを使った支払いが行えるようになるのではないでしょうか。

また4つ目も上記と関係しBTCも今後サポートできるような体制をとるとのことだったので、ETH、LOOM、BTCでの支払いが行えるようになるのでしょう。

レイヤー3のPlasma Cashリンク

最後はレイヤー3とレイヤー2の関係性について。

レイヤー3にもプラズマキャッシュへのリンクを可能にすることによって、より改ざんされにくいゲームプレイができるようになるという事でしょう。

またこの場合はプラズマチェーンを親チェーンとし、複数のサイドチェーン(レイヤー3)同士でのトークン取引が可能となります。

メインネットに触れることなくトークンの交換ができるので、ユーザーは手数料を極端に低減させながら取引を行う事が可能になります。

各チェーンの役割

簡単に各チェーンの役割をまとめると以下のような形になると思います。

メインネット:資産の管理(トランザクションの保存)

プラズマチェーン:DEX機能やマーケット機能、BTCペイメントのサポート

ゲームチェーン:ゲームプレイ(バトルやトーナメント)

このような役割分担となりそうですね。

また先ほども紹介したのですが、プラズマチェーンが機能することによって、ゲームプレイをより安全性の高いものにし、トークン(アセット)の交換なども、手数料がほぼ不要でよりスピーディに処理できるようになるといえます。

ユーザーにとってもかなりメリットがありそうな仕組みと言えますね。

むしろこの構想だと、メインネットをほぼ使っていないので、本当に既存のゲームのような仮想通貨ゲームが100%チェーン上で再現できるようになりそうです。

Plasmachainについては、はるか先生(@harukatarotaro)の記事にある図解もとてもわかりやすいので、こちらもぜひチェックしてみてください。

Loom Network Plasma Chain 化がもたらす革新

まとめ

まとめ

Loomの新たなサイドチェーンの構想についてまとめました。

ちょっと技術が飛躍しすぎです。(いい意味で)

次から次に新たな構想を打ち立てるだけでなく、実際にどんどん実装していくスタイル。これはなかなか他のプロジェクトにはない姿勢ですね。

現段階もある程度の構想と思うので、これからさらに飛躍した案が出てくるかもしれません。こちらについても充分注意して見ておくといいでしょう。

Loomはやはり目が離せないプロジェクトですね。「Loomの技術を使った仮想通貨ゲーム」もこのような技術が活かされてくるので、こちらもあわせてご確認ください。

LoomNetwork | ルームネットワーク

Dappsに特化したデベロッパー向けプラットフォーム
簡単にゲームを実装できるSDK(開発キット)も提供!

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players