dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > Etheremon > イーサエモン カジュアルマッチの概要と基本的な遊び方まとめ
イーサエモン カジュアルマッチの概要と基本的な遊び方まとめ

イーサエモン カジュアルマッチの概要と基本的な遊び方まとめ

イーサエモンのカジュアルマッチについてまとめています。最後に序盤で使える考え方も記載したので、ぜひ参考にしてみてください。

イーサエモンのカジュアルマッチについて解説します。

バトルはトークンを稼ぐことやモンスターを育てる方法として重要になるので、覚えておいて損はないでしょう。

カジュアルマッチとは?

イーサエモンの初期から実装されているバトルモードです。

その他プレイヤーの城(防衛)に攻撃したり、自身で城を構築して防衛を行います。

攻めと防衛の両方で、経験値やゲーム内通貨のEMONTを獲得することが出来ます。

バトルのルール

バトルのルールとしては基本的に同じようなものが多いです。

  • チーム戦
  • ターン制
  • 勝利規定

主に上記のことにおいては変わりありません。

バトル全般の基本的なルールと流れは以前まとめましたので、ご参考ください。

ただ他のバトルとは違い、カジュアルマッチでは攻めと防衛をそれぞれ違うチーム編成で行うことが出来ます。

では、攻めと防衛でどのような決まり事があるのかを見ていきましょう。

攻め

イーサエモンバトル

表示してあるプレイヤーの中から、攻撃相手を選びます。

アタッカー3体のうち2体が勝てばチームの勝利

もちろん属性や、サポーターのステータス補正も受け勝負を行います。

参加費は無料(別途手数料発生)

しかし勝負に勝てば、経験値とゲーム内トークンであるEMONTを受け取ることが出来ます。

トークンの報酬は、1勝するたびに1EMONT

その他のバトルの比べて受け取れるトークンの量も多いので、EMONTを沢山稼ぎたい!という方にはおすすめのです。

経験値については、その他のバトルモードと比べても大差はありません。

バトルの手数料について

バトルを行う場合は、トランザクションを発生させなければなりません。
その為、バトル費用が掛からなくてもトランザクションを発生させるための費用が別途で必要となります。

防衛

イーサエモン防衛

城(防衛)を建てる場合はレンガが必要になり、費用が掛かります。

レンガは5つ単位で購入可能です。

費用は1セット(5つ)=0.04ETH or 30EMONT

敵に1度負けるたびにレンガは1つずつ無くなります。

レンガが0になると防衛は行えません。

新たに城を構築することで再度防衛を行うことが出来ます。

防衛時にバトルに勝利を収めることで、1EMONTを獲得することが出来ますが、防衛の場合はEMONTの獲得量がレンガ数に応じて決まります。

レンガ数=EMONTの最大獲得量です。

つまりレンガを5つ配置した状態で10勝をあげたとしても獲得できるEMONTは5EMONTということになります。

費用と報酬まとめ

簡単に費用と報酬についてまとめます。

攻めの場合

費用:無料(別途手数料)

報酬:勝ち⇒1EMONT+アタッカー経験値
   負け⇒アタッカー経験値

防衛の場合

費用:レンガ数による(最低0.04ETH~)

報酬:勝ち⇒1EMONT(制限アリ)+アタッカー経験値
   負け⇒アタッカー経験値

費用に関しては、攻撃側は手数料がかかってきます。

逆に防衛の場合は、トランザクションフィーは城を構築するときの一回のみとなりますが、レンガの使用料がかかります。

コスト的に考えると攻撃を行った方が安く済みそうです。

報酬については、防衛においてトークンの最大獲得量に制限があること以外、大差はありませんね。

これだけを見ると攻撃だけしとけばいいじゃん!と思われるかもしれませんが、そうではありません。

攻撃ばかりを行おうとすると、手間が非常にかかります。

対して防衛であれば、一度配置してしまえばレンガがなくなるまでは放置で対戦が出来るため、かなり楽です。

イーサエモンのプレイを中断するタイミングなどで、城を構築すると効率的にバトルが回っていくと思います。

カジュアルマッチの遊び方

では具体的に実戦を行う手順を解説していきます。

ここについてはかなり簡単ですので、しっかりと覚えておきましょう。

攻撃をしてみよう!

攻撃

まずはカジュアルマッチトップから対戦相手を決定してください。

対戦相手を選択する上にソート機能もあるので、勝ちやすそうな敵を簡単に見つけることが出来ます。

イーサエモンバトル

対戦相手を選択後は、チーム編成を行います。

モンスターにオンマウスすることで、アタッカーに配置をするのかサポーターに配置をするのかを選択することが出来ます。

  • 雷のマーク=アタッカー
  • 盾のマーク=サポーター

このようになっています。

また対戦の順番は、以下のような形となります。

アタッカー1vsアタッカー1
アタッカー2vsアタッカー2
アタッカー3vsアタッカー3

属性(タイプ)の良い相性のモンスターを配置することで、勝率も変わると思います。

イーサエモン攻撃

準備が出来たら、今すぐ攻撃をするを押し、メタマスクからトランザクションを送信してください。

トランザクションが通るまで、多少時間がかかる場合があるので待ちましょう。

横にあるファンを確認というボタンは、サポーター効果によってステータス補正まで行った状態でのステータスが表示されます。

イーサエモンバトル

バトル結果は、カジュアルマッチの画面のバトルログで確認することが出来ます。

またログをクリックすることで、バトルの詳細を確認することが可能です。

城を建てて防衛しよう!

イーサエモン防衛

続いては防衛を建ててみましょう。

画面トップから城を建てるを選択

イーサエモン防衛

先ほどと同じ要領で、モンスターを選択し城の名前を付けます。

名前は何でも大丈夫です。

名前の下にあるつまみでレンガの量を調整し、今すぐ作るで城は完成します。

後は攻撃が行われるのを待つのみです。

バトル結果の確認は、先ほど紹介したバトルログの横にある城ログから行うことが出来ます。

バトルの戦略

簡単なバトルの戦略についても記載していきたいと思います。

特にゲーム序盤で使える考え方です。

攻めの場合

攻め側は、防衛に比べて勝率が格段に上がります。

イーサエモン戦略

何故なら相手の城情報を見て、対戦相手を決定できるからです。

相手のパワーやレベル、どれくらいの勝率かなど様々な情報が見れるので、自分が勝てると思う対戦相手に勝負を挑みましょう。

ただレベル差がありすぎると、獲得経験値は下がってしまうので注意してください。

防衛の場合

防衛を行う時は、強そうなモンスターを配置することはおすすめしません。

相手が強そうだと、誰も攻撃しようとは思いませんよね。

イーサエモン

心理的な部分です。

このような人には太刀打ちできないので、攻撃はしませんよね?

まずは相手が攻撃しやすい環境を作ることが重要です。

見た感じで強そう!という印象を与えることは得策ではありません。

イーサエモン

例えば序盤はこのような感じ!

使用したレンガの数は5つです。

当時は始めたてでモンスターも全然持っていなかったので、初期にもらえるモンスターと祖先を1体追加したチーム編成

明らかに誰でも勝てそうですよね?

しかし結果を見るとわかると思うのですが、

勝ち:7
負け:5

まさかの勝ち越し。

もちろん5EMONTしっかり頂きました!

バトルも沢山回数をこなせたので、モンスターのレベルも一気に上がる結果に。

イーサエモン

画像を見てもわかりますが、対戦相手のモンスターの方が平均的なレベルは高いです。

しかしサポート効果を受けたオムノン(真ん中)が、勝っています。

イーサエモン

かなりギリギリの勝負だったので、サポーターに完全に助けられました。

サポーターの解説は下記記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

サポーターをフル活用して勝ちに行くことも戦略の1つですね。

明らかに弱そうと思わせることが出来れば、最初の餌撒きは成功です。

食いついてきた相手をチームの総合力で上回りましょう!

まとめ

イーサエモンまとめ

今回はイーサエモンのカジュアルマッチについて紹介してきました。

ここまで熱弁してきたのですが、一つ残念なお知らせが・・・

カジュアルマッチは、そのうち廃止されるようです。

具体的な内容は決まっていませんが、新たに追加されたランクマッチが今後メインのバトルモードとなるとのこと。

ランクマッチについては、別記事でまとめます。

しかしバトルに勝つだけで1EMONTを貰えるのは、カジュアルマッチのみです。

ランクマッチの場合は報酬が下がります。

EMONTを貯めたいという方は、今のうちにカジュアルマッチを遊び倒しておくことをおすすめします。

Etheremon | イーサエモン

モンスターバトルで経験値やトークンゲットだぜ!
馴染み深い超定番のモンスター育成ゲーム

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players