dApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

HOME > Etheremon > イーサエモン 3種類のバトルのメリット・デメリットを徹底比較
イーサエモン 3種類のバトルのメリット・デメリットを徹底比較

イーサエモン 3種類のバトルのメリット・デメリットを徹底比較

イーサエモンの各バトルモードを比較しました。特徴やメリット・デメリットが違うので、目的に合わせたコンテンツを選ぶといいと思います。

イーサエモンの各バトルの特徴と報酬を比較しました。

バトルモードによって、育成メインなのかトークン(EMONT)獲得をメインとするのかでモードの使い分けは大切です。

効率的なプレイを目指すのであれば、それぞれの違いを覚えておきましょう。

今回はテキストメインでの紹介です。

単純にどのモードが何に向いているのかだけを知りたい場合は、各バトルのまとめを読んでいただくと簡略的にわかるようにしています。

バトルの種類

現在実装されているバトルコンテンツは以下の3つです。

※今回はトレーニングは省略しています。

  • カジュアルマッチ
  • ランクマッチ
  • 練習モード

これらすべてに共通することはチーム戦でバトルを行うということですが、獲得できる報酬に差があります。

それぞれの違いを見ていきましょう。

カジュアルマッチ

イーサエモンカジュアルマッチ

まずはカジュアルマッチです。

カジュアルマッチは3つのバトルの中でも、トークンを獲得することに特化しているバトルモードと言えます。

攻撃の参加費は無料(手数料別)ですが、防衛を配置する時は最低0.04ETH必要です。

メリット

  • トークンの獲得量が多い

カジュアルマッチの一番のメリットは、やはりトークンの獲得量が1番多いことです。

攻撃・防衛共に勝利を収めることで1EMONTを獲得することが出来ます。

※防衛時の最大獲得量はレンガ数と同じ

これは次点のランクマッチの2倍の獲得量です。

  • 防衛のチャンスが多く楽

防衛を行うには費用が必要ですが、設置してしまえばあとは放置で楽です。

どのバトルモードも防衛については放置が出来るのですが、現在のカジュアルモードで防衛を行っている人は少ないです。

つまり防衛を置いてしまえば、攻められる確率が高いという事が上げられます。

防衛においても経験値の獲得・勝利時のトークン付与は行われるため、放置でもその他のモードに比べて育成やトークンの獲得がしやすいです。

デメリット

  • 各費用が高い

攻撃参加手数料は無料ですが、トランザクションを生成するときにかかる手数料がその他バトルに比べて3倍かかります。

また防衛の場合は、設置するのに最低0.04ETHかかるのでその他のバトルと比べかなり割高な費用を要することとなります。

  • プレイヤーが少ない

現状プレイヤーはカジュアルマッチから、その他のバトルモードに移行しています。

先ほど挙げた費用が掛かるという点を、その他バトルモードがクリアしたためです。

プレイヤーが少なくなることで、対戦相手との実力差が顕著に表れることが多く、特に初心者層はなかなか立ち入ることのできない領域となっていることが現状です。

このカジュアルマッチについては、そのうち廃止が予定されていることが公式からも発表されています。

カジュアルマッチまとめ

カジュアルマッチトークン獲得(勝利時)経験値費用
攻撃1EMONT獲得可能手数料のみ(高)
防衛1EMONT獲得可能0.04ETH~

表で見るとこのような感じになります。

EMONTと手数料の兼ね合いが難しいですが、トークンをどうしても集めたいという場合にはカジュアルマッチを利用するのも1つの手だと言えます。

※カジュアルマッチは7月前半のアップデートによって廃止されました。

ランクマッチ

ランクマッチ

ランクマッチについては、今後メインとなるバトルモードです。

獲得できるEMONT量は0.2EMONTと少なくないですが、オフチェーンの実装を実現。またこれまでになかったレーティングポイント制を導入することによって、より公正なマッチングが出来るようになっています。

メリット

  • 手数料の削減

大型のアップデートによってイーサエモンのバトルに関する費用はなくなりました。

これによりあらゆるバトルを費用なしで行えるようになっています。

  • 公正なマッチング

レーティングポイント制を導入することにより、よりランクの近い相手とのマッチングが可能になりました。

単純な仕組みではありますが、一番プレイヤーの実力差が出らず、新規ユーザーもバトルが行いやすくなっています。

デメリット

  • 獲得EMONT数が少ない

カジュアルマッチと比べると獲得できるEMONT数は0.2EMONTと少なくなります。

各所に掛かる費用が少なくなった分、収益を上げやすくなったとは言えますが、EMONTを集めるためにかかる時間は単純に数倍です。

ランクマッチまとめ

ランクマッチトークン獲得(勝利時)経験値費用
攻撃0.2EMONT獲得可能 手数料のみ(低)
防衛0.2EMONT獲得可能 なし

表でまとめるとこのような形です。

獲得できるEMONTが従来より少ないですが、今まで以上に費用が安く抑えることができるので、おすすめです。

またランキング制が導入されているので、自分の実力を試すのもありだと思います。

練習モード

練習モード

モンスターを一気に育てたいという方には、この練習モードが一番でしょう。

練習モードでは、一回の攻撃指示で最大5人の相手とバトルを行うことが出来ます。

もちろんその分の経験値がモンスターに入ってくるので、育成の時短を行うことが可能です。

メリット

  • 経験値を大量獲得

1回の攻撃で5回分のバトルをこなせるということは、育成の時短に繋がります。

特にこれまでのカジュアルマッチでは、育成自体も先行者有利な感じがあったので、新規プレイヤーが上位に追いつくことは非常にハードルが高いものとされていました。

こちらも先行者有利ということは変わりませんが、育成の時間が短縮されることによって上位とのレベル差を詰めやすくなっています。

  • 戦いやすい相手が出やすい

練習モードに使用する防衛はランクマッチで使用される編成が、反映すると言われています。

ランクマッチは同じランク同士でのバトルとなるため、練習モードを行う時もレベルの近いプレイヤーが選択しやすいようになっています。

いくら複数の敵に攻撃可能と言っても、勝利が出来なければ旨味が半減しますからね。

対戦相手のレベルが近いということも、バトルでは非常に重要なことです。

デメリット

  • 参加費が多少かかる

練習モードで攻撃に参加するためには、0.005ETHが掛かります。

しかし、こちらもカジュアルモードに比べると手数料は1/3、同時に5人に攻撃可能ということを考えると、実質1/15の手数料で済みます。

ランクマッチについては手数料が同じなので、0.005ETHと5回分の手数料を天秤にかけないといけませんが、この参加費をどうとるかはプレイヤー次第だと思います。

少しでも費用を抑えてゲームを行いたいという方には、ちょっと参加しにくいかもしれませんね。

  • EMONTはほとんど稼げない

練習モードでは、ほとんどEMONTを獲得することが出来ません。

複数に攻撃が出来るため、勝利時にEMONT配布となると、かなりゲームバランスを崩しかねませんからね。

防衛の場合は、0.25EMONTが手数料としてもらえますが効率が悪いので、トークンの獲得を行いたいという方には向かないコンテンツです。

練習モードまとめ

練習モードトークン獲得(勝利時)経験値費用
攻撃なし×5獲得可能0.005ETH+手数料
防衛0.25EMONTなしなし

表にするとこうなります。

多少費用を使ってでも、経験値を稼ぎたい人向けのバトルモードですね。

育成の時短もできますし、早く強くなりたい、進化をさせたいという人にはおすすめこコンテンツです。

まとめ

イーサエモンまとめ

各バトルの特徴とメリット・デメリットについて見てきました。

カジュアルマッチ
⇒トークンを稼ぎたい人向け

※今後廃止予定

ランクマッチ
⇒少ない費用で存分楽しみたい人向け

練習モード
⇒育成を頑張りたい人向け

各特長はこのような感じです。

目的に合わせてコンテンツを選ぶといいでしょう。

もちろん各バトル費用面も変わってきますので、今回作成した表やメリットデメリットを比較しながら、どうやったら効率的にプレイすることが出来るか考えてみると面白いかもしれませんね。

Etheremon | イーサエモン

モンスターバトルで経験値やトークンゲットだぜ!
馴染み深い超定番のモンスター育成ゲーム

記事一覧

  • dAppsMarket
  • Other Players